ようこそ。あおば行政書士事務所のWebサイトへ。

相続・遺言についての業務内容は、下記の通りです。

 相続


相続とは、死亡を原因として、財産などの遺産を家族が包括的に引き継ぐことをいいます。
当事務所では、相続の開始から終了まで専門知識を通じてさまざまなサポートを行っています。

 遺言の作成


   相続が争族にならないように、事前に遺言書を作成しておくことをお勧めしています。
   形式も簡単でお金がかからないものもあります。詳しくは、遺言の項をご覧ください。

 相続の準備


   葬儀の後、公共料金等各種の名義変更手続が終了したら、まずは遺言書の確認が必要で
   す。そして相続人を調査して、相続人を確定させます。同時に相続財産等の調査を行って、
   財産目録を作成します。

 遺産分割協議


   必ず相続人全員で遺産分割協議を行います。その結果を遺産分割協議書にまとめ、登記
   の変更や財産の名義変更、相続税の申告・納付等を行います。

当事務所では、お問い合わせいただいた方全員に相続・遺言についての資料をお渡ししています。
費用はかかりませんので、お気軽にご連絡ください。ご連絡先はこちらです。


 遺言


遺言(法的には「いごん」と読みます)とは、生前に民法の定める方式にしたがって死後の法律関
係を予め決めておく意志表示です。遺言の作成について、当事務所ではあらゆるサポートを行って
います。

 遺言書とは


   相続の方法は民法によって規定されていますが、これとは異なった方法で相続を行いたいと
   いう希望や、無用な争いを避けたり、事業承継など迅速な相続手続きが必要とされる場合な
   どに、予め文書で保存しておきます。この文書を遺言書といいます。

 遺言書の種類


   全て手書きの自筆証書遺言、パソコンやワープロでも作成が可能な(署名は自筆)秘密証書
   遺言、公証役場で公証人が聞き取って作成する公正証書遺言の3種類があります。効力は
   どれも同じです。

   尚、公正証書遺言を作成する際には、第三者の証人2名が必要です。

 遺言書の書き方


   公証人が作成する公正証書遺言を除き、遺言書を自分で作成する場合は、細かな規定が
   多いので注意が必要です。書籍やインターネットでも情報は取得できますが、大切な財産の
   相続について書くものなので、できるだけ専門家に相談することをお勧めします。

当事務所では、お問い合わせいただいた方全員に相続・遺言についての資料をお渡ししています。
費用はかかりませんので、お気軽にご連絡ください。ご連絡先はこちらです。


 ご依頼の方法について


当事務所で相続・遺言についてのサポートをご検討の際は、お問い合わせページにある方法で、
まずはご連絡ください。

ご相談は無料です。お気軽にご連絡ください。